うさぎとかめ

日本人なら誰でも知っている「うさぎとかめ」というお話がありますね。

足の速い「うさぎ」と足の遅い「かめ」が競争するお話です。

最終的に勝ったのは「かめ」です。

うさぎとかめ

「かめ」は、足が遅いことをバカにされて

足の速い「うさぎ」に勝負を挑みます。

この時点で、相当すごいヤツな気がします。

.

ばかにされて、気持ちが落ち込んだり凹んだりするのではなく

燃えて、勝負を挑む!

しかも、途中も勝負を投げずに継続してゴールを目指す。

ばかにされたことをチャンスにしちゃってますね〜

.

人のことをバカにして勝負を受けたにもかかわらず

「この勝負は 余裕で 勝ったな」

と思っい、居眠りして負けてしまった うさぎ。

ばかにされて勝負を挑んで、コツコツ前進して

最後は勝利を収めた かめ。

.

世の中には、どっちが多いのかな?

やっぱり「うさぎ」かな。

.

そう思うと

ばかにされている側の方でも

実は幸せなこともあるんだろうか

と思ってしまいますね。

まぁ、そこには「継続」という努力がセットになっていますけどね。

.

 

追伸
全ての「かめ」ではないですが、実際に競争すると「かめ」の方が速いんですって。