流れ

こんばんは

たっきんです。

 

今日は「とあるイベント」の打ち合わせで大阪へ

06570_1316581750.JPG

行ってきました。

 

人が

沢山いますね。

 

人の

流れが

すごいです。

 

逆らおうものなら

沢山の人に

当たってしまいます。

 

エスカレーターなら

止まっている人は

右側に並び

左側は

追い越し車線的な

ルールが

あるようですね。

 

歩行は

左側を

歩く

ルール

みたいなものが

あるようでした。

 

右側を

歩こうものなら

どんどん

ばんばん

人に

ぶつかります。

 

ぶつからなくても

まっすぐは

歩けませんね💧

 

まるで

下りのエスカレータを

かけ上がるような

そんな感じです。

 

毎日の生活の中でも

仕事をしていても

生きていても

同じように

流れに

乗っている時

乗らずに

逆らっている時

止まっている時

いろいろ

あると思います。

 

目的地が

明確であって

流れが

目的地に向かっているのなら

流れに

乗る方が

いいと思います。

 

目的地を

見失っているのなら

頑張って

踏ん張って

逆流する

必要は

ないと思うんです。

 

僕は

あなたは

流れに

逆らって

頑張っている

状態では無いだろうかな。

 

目的地に

向かっているのかな。

 

無駄な

エネルギーを

使っていない

だろうかな。

 

時には

流れに

身を任せても

いいのでは

ないのかな。

 

それで

目的地まで

いけたのなら

余ったエネルギーを

別のところに

活用することだって

できるのだと思うから。

 

流れを

見極めて

みよう。

 

目的地を

見直して

みよう。