遅すぎることはない

遅すぎることはない!

認知症の予防や症状の改善ができると、何となくの不安や生活の不具合が解消されますよね。

予防や改善の手段については、いくつかの種類があると思います。

食事や脳のトレーニング、社会的な交流などがそうですが、今回は「運動」について書きました。「すごい方」と「その具体的な方法」を知ったので、紹介していきます。

カナダの花形アスリート

写真の女性は、カナダ人のオルガ・コテルコさん。

オルガ・コテルコ
Photo: AFP/GETTY/GREG WOOD

彼女は34種目の世界記録や、

数々の大会で優勝750回など

素晴らしい経歴を持っておられるようです。

2014年6月に、95歳で他界されています。

この方について、僕が「すごいな」と思ったのは、トレーニングを始めた年齢です。

何と77歳になるまで、陸上競技のトレーニングを一度もしたことがなかったのだとか・・・。

すごくないです?!

90歳の誕生日を迎えてから、世界最高齢の走り幅跳びの選手になったと。

お気に入りは、100m短距離なんですって。

知れば知るほど、すごい方だなと思います。

運動の影響

元気高齢者になってから、本格的にスポーツの訓練を始めたり、大会に参加したりする方は大変珍しいケースだと思います。

しかもオルガさんは、それまで大会に出場したことがないのだから、更に珍しいですよね。

ある研究チームは、そのオルガさんに注目しました。

そして、脳のMRI検査をさせてほしいと依頼して、オルガさんは快諾。

次の目的で検査が行われました。

検査の目的
・高齢者の脳でも運動の影響をうけるのか
・うけるのであれば、どのような影響をうけるのか

比較のために、ごく普通の90歳の生活を送る同年代の方にも調査を依頼して検査はおこなわれました。

※ごく普通とは、普段ほとんど身体を動かさない、競技大会に参加したことがないような方々です。

MRIの結果

MRI検査の結果、あることがわかりました。

それは、オルガさんは他の高齢者たちよりも脳が健康であることがわかりました。

MRI

記憶のために頑張っている「海馬【かいば】」が大きいことや、人間らしい脳と言われている「大脳新皮質」がキレイだとわかったのです。

海馬が大きいこともあり、記憶力だけみても、比べた方々より格段に優れていることがわかりました。

運動を継続的に続けたオルガさんの脳と身体は、うまく年齢を重ねたという結果を生み出していました。

スマート・エイジングとでもいいましょうか。

ちなみに、幸福に年齢を重ねることを「サクセスフル・エイジング」なんて言われます。

遅すぎることはない

オルガさんが運動を本格的に始めたのは77歳。

僕の父が昨日76歳になったところですが、正直この方を知るまで「歳をとったなぁ」と思っていました。

でも、運動を始めるに当たって

遅すぎることはない!と感じます。

読者の方も、77歳よりは若いのではないでしょうか。

オルガさんのように、記録を作る必要はないし、ましてはメダルを獲得する必要なんて無いと思います。

まずは、始めることですね。

では、どのくらいの運動をすればいいでしょう。

脳が健康になる運動

オルガ・コテルコさんを知るきっかけになったのは、ある精神科医の文献を読んだからです。

その精神科医:c(スウェーデン)の研究によると、認知症も含めた疾患のリスクを減らす「運動量」は以下の通りです。

ウォーキング  か  軽いジョギング

・週にトータルで150分

・30分ずつ週に5回

・ランニングを20分 週に3回

筋肉トレーニングについては、まだ医学的な証明がなされていません。

歩いたり、走ったりする方が立証されています。

習慣

30分ずつ週に5回であれば、通勤や買い物途中、散歩の時間を意識的に作ることで習慣に取り入れやすいのではないでしょうか。

もし、すでに「習慣にできているよ」という方は、現状を保つことがいいと思います。

ほとんど運動されていない方は、いきなり週5回を意識するのではなく、週1回からでもチャレンジすることが望ましいと思います。

現状を把握すると、以外とウォーキング時間を確保できているかも!

まとめ

77歳から、運動を始めたオルガさんを紹介しました。

いくつになっても、始めることに遅すぎることはないという事例だなと感じます。

オルガさんの場合は、その運動を90歳を超えても続けていたことが大きい要因でしょうね。

誰でも、年を重ねると記憶力が衰えます。

それは海馬が小さく縮み、脳全体の血の流れが悪くなり、神経のネットワークが弱くなるからだと考えられています。

その予防対策として、今回は運動を紹介しました。

運動は、筋肉トレーニングではなくウォーキングや軽いジョギングで良いということも確認されています。

運動をすることで、記憶力がよくなり、幸せに年を重ねる「サクセスフル・エイジング」を実現できると素晴らしいことだなと思いました。

別の記事でも書いていますので、よかったら遊びに来てください❤️

「運動」は良いことばかり

最後までお読みいただき、ありがとうございます。