言葉づかい

僕は、接遇を大切にケアをするタイプだと思います。

なので、「言葉づかい」には若干の やかましさ を持っています。

それが

今日

覆りました😵

時代はかなり遡りますが

下の写真の歴史の人物の話をしましょう。

見たことがないでしょうか?
清少納言

わかった方はすごい!

清少納言(せいしょうなごん)です。

その 清少納言がこんなことを言っています。


「~なに事を言ひても、
 そのことさせんとす、
 いはんとす、
 なにせんとす、
 といふ”と”文字を失ひて、
 ただ、
 いはむずる、
 里へいでんずる、
 など言へば、
 やがていとわろし」

引用 -枕草子-

面白いでしょ!?

全然わかりませんからね💧

でね。

訳を見てみると


「(最近の若い者は、
 あまりに言葉が乱れており
 嘆かわしい)
 何から何までむずる語を使うが、
 とてもみっともないことだ」

ちっとわかりますよね。

つまりは

正しい言葉をつかえよ!若者!

ってことを言っておられる訳ですよ。

 

僕も

同じことを

よく言ってますましたからね。

 

でもそれが

覆りました。

 

ブログ読んで貰っていて申し訳ないのですが、

このブログの文脈や文章も

正しくないものが多いと思いますから💦

 

何が
言いたいのかというと

ちゃんと伝われば
(文法が)間違っていても
いい世界もある!

ということです。

 

このブログだって

楽しい❗

面白い❗

何かしらんけど最後まで読んでしまった❗

次は?!

 

となれば

それでいいんだな と思います。

 

好きな相手に

「愛」を伝える時も

「愛している」

という文法上正しい言葉より

「愛してる」

という文法上間違った言葉の方が

伝わると思います!

 

思いませんか?

 

そういう意味で

覆りましたね。

 

 

追伸
それでも

愛が一番伝わるのは

行動だと思います💓